EDになったら食事を見直す!摂るべき3つの栄養素

EDになったら食事を見直す!摂るべき3つの栄養素

EDになる要因は多岐にわたります。ただ、乱れた食生活もその大きな要因の一つ。食事を見直すことで改善に一歩近づけることも十分に考えられます。ここでは見直すべき悪習慣と食べるべき3つの食材について説明します。

ジャンクフードばかりの食事を見直す

ハンバーガーやカップラーメン、コンビニ弁当、お菓子などのジャンクフードが体に悪いことはいうまでもありません。こういった食事では血液がドロドロになってしまい、様々な生活習慣病を引き起こします。実はその生活習慣病とEDには深い関係があるんです。

ジャンクフードばかりの食事を見直す

例えば、高血圧だと普通血圧と比べて2.8倍もED発症率が高まります。また肥満体型でもED発症率が高まることがわかっています。BMIが30以上の人は、23以下の人と比べて1.7倍もED発症率が高まる傾向にあるんです。

ジャンクフードばかりの食事を見直す

そもそも海綿体に血液が集まることで勃起が起こります。血液がドロドロでは十分に行き渡らず勃起力が得られません。血液をサラサラにする栄養を積極的に摂るようにしましょう。

摂るべき3つの栄養素とは

では摂るべき栄養素について紹介します。もちろんこれだけ摂れば良い、というものではありませんが、EDを改善する際に特に有効だと思う成分になります。ぜひ参考にしてください。

1.シトルリン
シトルリンスイカに多く含まれているシトルリン。
血管拡張作用があり、血液の流れを促すことで海綿体に血が行き渡りやすくなり、勃起力をサポートします。最も多く含まれるスイカでも十分な量ではなく、果糖で糖分を摂りすぎになってしまうので、サプリも併用した方がいいでしょう。
2.アルギニン
アルギニンレッドブルなどエナジードリンクに多く含まれ、加齢とともに減少していく成分で、血管拡張作用をはじめとする様々な働きが期待されます。
さらにシトルリンと組み合わせることで相乗効果が加わり、さらに効率的に摂取できるようになります。アルギニン・シトルリンを摂るときは、もう一方も同時に摂るよう意識しましょう。
3.亜鉛
亜鉛牡蠣や豚レバー、アーモンドなどに含まれる成分。男性ホルモンのテストステロンに作用し、精子の質にも影響を与えることで知られる亜鉛ですが、不足することでEDを引き起こすこともあるんです。体内で作り出せず、しかも不足しやすいため意識的な摂取を心がける必要があります。

サプリも併用することで効率よく摂取できる

どんなに栄養がある食べ物でも、継続的に食べ続けなければ効果は期待できません。継続的に摂取するには、やはりサプリが一番手軽でしょう。

サプリも併用することで効率よく摂取できる

どれか一つの成分がたくさんあればいい、というわけではありません。大事なのは栄養バランスです。単一成分の数字だけに惑わされず、バランスの良さで選びましょう。